topに戻る

 

ペット連れマナー

 

 

●予防接種を受けていること。

●ペットには、他の方の迷惑とならないよう十分「しつけ」をしておいて下さい。

● 常にペットから目を離さず、事故が起きないよう十分にご注意下さい。場内でのペットによる事故は、当事者が責任をもって対処願います。

●事故防止のため、ペットだけを残してテントや宿泊施設を離れないで下さい。「必ず誰かそばにいて下さい。」

●次にご利用頂く方の為、ペットの抜け毛にはご配慮下さい。

●昼夜を問わず、無駄吠えは多くの方にとって迷惑です。速やかに対処して下さい。

●当キャンプ場内(ドッグラン・ドッグランサイトを除く)では常にリードを使用して下さい。

●排泄物の処理は必ず行って下さい。

●普段ゲージをお使いの場合にはご持参下さい。

●レンタルのシュラフ、毛布、まくら等の中にはペットを入れないで下さい。

  バンガロ、コテージ、ウエスタンハウス 、トレーラーハウス ご利用のお客様

 

●室内犬でトイレなどの仕付けの出来ているペットのみ入室させて下さい。

●室内にペットが入る場合は、足を拭いてあげて下さい。

●ペットが入室時マーキングをしないように、特にご注意をお願いします。

●室内で排泄をした場合は、責任をもって後始末をして下さい。

●コテージ内のバスタブ、ベッド、寝具の中にペットを入れないで下さい。

●レンタルのシュラフ、毛布、まくら等の中にはペットを入れないで下さい。

 

※以上をお守りいただけない場合は、クリーニング代などの実費を頂戴する場合もございます。

※室内の設備などに損害を与えた場合は、お客様に賠償責任を負っていただくこともございます。

 

ドッグランマナー&ルール

 


 

 

●フェンスのすき間をくぐったり、ジャンプして柵外に出る癖のあるワンちゃんはご遠慮下さい。

●キャンプ場のドッグランには管理人がおりません、常にペット犬の行動と周囲の様子に注意をはらい、飼い主の監督、責任の下にご利用下さい。

●他の犬が入っている時は、リードをつけたまま犬同士の様子を見てケンカをしないか確認の上、リードをはずして下さい。

●発情期の犬、攻撃的な犬種は入場出来ません。

●犬が興奮状態の時は、クールダウン後に入場または、リードをはずして下さい。相性が合わない犬、興奮している犬がいる時はリードをはずさないで下さい。

●フェンスのすき間をくぐったり、ジャンプして柵外に出そうな場合は、リードをはずさないで下さい。

●ドッグラン内でのフンは責任を持って利用者が拾い上げ必ず所定のフン入れに入れて下さい。

●ドッグラン内に犬だけ置き去りにしないで下さい。

●他の犬を追いかけたり、吠え続けたり、マウンティングをした場合は、すぐに制止して下さい。

●無駄吠えは、多くの方にとって迷惑です。速やかに対処して下さい。

●ドッグラン施設及び遊具のご利用による怪我には責任を負いかねます。

●ドッグランは必ず犬同伴でご利用ください。

●予防接種を受けていること。

●皮膚病、伝染性等の疾患がないこと。

●ドッグラン以外では、必ずリードを付けて下さい。

●ドッグランの出入り口の入口鍵は必ず掛けて下さい。

●ドッグランシャワー及び水道の蛇口は、使用後必ず閉めて下さい。

●人間のお子様は、必ず大人の同伴者が付き添うこと。

●ゴミは持ち帰り、またはごみ箱に入れて下さい。

●万が一、犬同士で事故、トラブルが生じた場合は、飼い主様の間で解決をお願い致します。その事故、トラブル等に関しては、施設側は関与出来ない旨を了承して利用すること。

★ルールを守って楽しく利用しましょう。

 

 



Copyright (C) 2005 Nasu-Kougen Akarupa. All Rights Reserved.